市販でも購入が可能

自宅で行う前に歯科医院を利用することが望ましい

ホワイトニング比較

現在、主流となっているホワイトニング方法は、ホームホワイトニングというものです。 ホームホワイトニングとは、患者さんが自分でマウスピースに薬を入れて、自宅で毎日数十分から数時間装着しておく方法のことです。 実は、歯科へ行かなくても、市販されているものがあり、コストが低く済むので、誰でも手に入れることができるのが現状です。しかし、歯科で、歯のチェックや使い方の説明をしっかりと受けること、自分の口に合ったマウスピースを作ってもらうことが大切です。医師の指導を受けた後に、自宅で行うことで、確実に歯を白くすることにつながります。市販のものを買うよりはお金はかかりますが、その分、確実に歯を白くできるので、歯科を利用することが望ましいでしょう。

主流となっているホームホワイトニングを利用するわけとは

歯を白くする方法には、ホームホワイトニングの他に、オフィスホワイトニング・デュアルホワイトニングがあります。 オフィスホワイトニングは、何度か通院をする必要があり、歯科で行ってもらう方法です。色の戻りが早くて、コストが高いという特徴があります。 デュアルホワイトニングは、通院を数回繰り返して、それと併用して、自宅でも行う方法です。最短でできますが、コストは最も高くなります。 他の2種類と比べてみてもわかるように、ホームホワイトニングを利用することには理由があります。 効果が出てくるまでに時間はかかりますが、白くなってからの後戻りが少ないということが大きな理由です。そのうえ、コストが低いということも主流となっている理由の一つです。自分の思い通りの白さにすることができますし、何度も歯科へ通う必要もなく自分のペースで気軽に行えます。